*。゜KAT-TUN's ちゃんねる゚。・*-ИEVER×ΘVER-*゚

応援組合⇒KAT-TUN、赤西仁(o^∀^o)レポ、画像、Twitter情報、ラジオ、マニュ、日常等々。。→→→→→注目!!→【※ブログ本文の文字が小さくて読みにくい場合は、ブログを開いた時に一番上部(広告の下辺り)に表示されるタイトルをクリックしてみて下さい。】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(3)KAT-TUN WORLD Tour 2010 ライブDVD【MC】



中丸「どうすればいいか分かんない」
亀「いやでも、意外とお客さんって、こう‥僕らもイェーイって行ったりするじゃないですか。でも意外と興奮して、ガァって来てくれるけど…ちゃんと冷静な面があるなって言うのを僕は昨日感じたんですけど」

亀様、ハイタッチの素振りしながら、

亀「僕がこうやってダァ、イェーイ!って行ってたんですね。したら皆こう‥僕とハンドゥ・トゥ・ハンドゥしようとして‥」
って何か英語が片言で可愛いーーっ

中丸「なんで英語なんスか」
って言うゆっちの軽い突っ込みに何故か亀梨サン吐息混じりに‥
亀「‥んはっ…分かんない…」
ってちょっと色っぽいって思ったのは私だけ私だけですか(←そうかもな)
私にはその吐息が一番分からないーーっきゃぁきゃぁ
そして話しを続ける亀梨サン、

亀「こうやってガーって来てくれた訳、ですよ。したら、ある女性の方がこう…シュポーン‥と……」


まさか…まさかっ

亀「………僕の指輪が無くなったんですよ」
会場「えぇーー!?」
上田「えー!」

え゛ぇーーッ亀の指輪…ずっと付けてるあの指輪に触れる事すら叶わぬ現実なのにそれを手にした者がいるなんて幸運の持ち主



亀「えっ…無くなった……、パって見たら、笑顔で、『はいっ』って(笑)」
中丸「返してくれた!(笑)リバース」


すげぇその人あたしだったらパクる(←いや返せ)


田口「じゃあなんで取ったんだ!(笑)」
中丸「なんで取ったんでしょうね、…まぁ取れちゃったんでしょうね!」
亀「そうでしょう」
中丸「取ってごめんなさいって事なんでしょうね」
亀「でもこの、指輪スゴいんだよ?こう、5月から?アリーナツアーからずっと付けててお客さんとかとタッチとかするじゃん?お客さんの握力でもう凹んじゃってんの…見える?」

スクリーンに映された指輪は確かにペッコリ
だってアリーナ初日の新潟の時点で曲がっちゃったんだもんね


聖「いやだから、中に多分、アリーナん時かな?分かんないけど中に一人だけ、ちょっとあの人じゃない方がいたのかもしれない」


指輪嵌めた亀がすかさず「うぉら!」って拳で何かを握る潰す様な仕草して、聖も同じ仕草確かに亀とハイタッチなんて出来るもんなら興奮して握力も普段の10倍にはなるわーーっ(←ならんわ)


亀「あと、各会場のお客さんの反応とかやっぱ見た感じもちょっと違ったりするじゃないですか。洋服の服装とか髪形とかね。」
中丸「えぇ。」
亀「大阪のお客さんは……、爪が長い……」

『爪長い』言う時の亀たん、くわって目ぇ見開いてアピール亀あんまりそーゆうの好きじゃないもんね。キャバキャバしいのも亀無しな人だし


聖「そう!」
中丸「爪長いっすね確かにね」
聖「爪長いね」
中丸「手ぇ出すとだいたい血ぃ出てますもんねぇ」
田口「嘘ぉ!」
亀「出るよ!?これ、ほら!俺昨日刺さったもん、クサッて」
聖「ホントに、だからこの後もしかしたらタッチ出来ないかもしんないから今剥いで貰えると嬉しい…」
会場「(笑)」
田口「いやいや、せっかく頑張ったんだから(笑)」
中丸「剥いでって無いでしょう」
亀「あれさ、こう…オシャレでこう長くするじゃん?カルジェルとか、付け爪とか。す…ス‥スプ、スカル‥プ…?」
会場「スカルプチャー!」
亀「スカルプチャー?とか付けたりするじゃん?」
中丸「最近ね、凄いね」
亀「あれ、あの…生活よく困んないよね」
聖「だからあれさ、頭洗えんの!?あれ」
中丸「最近、爪長くてもなんか使えるものとかってよく出てますよね。例えばキーボードなんかも、あれ実は普通に作ったら爪長くなったら押せないんスよ。だけど、あれ、隙間があったりするじゃないっスか。あれ爪長くても押せる様にって造ってあるらしくて」

亀・聖「へぇーっ!」
中丸「それと同じ様な考え方でいろんな商品出てるみたいですよ最近。」
聖「なんか、頭とか洗う時がっしゃがしゃ洗いたくないの?」
亀「お母さんとかで爪長い人いるじゃん?」
上田「え?」
亀「いない?お母さんの人手ぇ挙げて。」

会場からパラパラと手が上がってる確かにうちの母親も爪長いなぁ


亀「お母さんさ、爪長かったらさ、食器洗ったりとかすんのどうすんの?」
中丸「いや問題ないっしょ?」
亀「誰って聞いても答え返って来ないだろうけど(笑)」
田口「(笑)」
聖「いやでも、お母さんでお洒落したいとかはあるんじゃない?」
亀「凄い器用なだなぁと思って。」
田口「うん、分かる」
聖「お洒落したいとかはありますよ絶対」

田口「せっかく頑張ってやったのにそんな、ねぇ?食器とか洗え無かったらマジ“爪が甘い”って感じだよね」
メンバー「…。」
中丸「ぁぁ…すごい、今日当たりましたね」

会場からパチパチと疎らな拍手がタオル回しながらなんだか得意気なじゅんのさん、聖に膝カックンされてる

田口「いやぁ~、いつのタイミングでやるかずーっとずーっとタイミング狙ってたんだよね」
亀「でもその後ずっとタオル回してんのがあんまカッコ良くない!(笑)やってやったぞ俺、みたいな」

素直にタオルを肩に掛けて回すの止めるじゅんのさんホントに素直でイイコだなぁ
そんなじゅんのさんに向かって聖様が、

聖「お前のドヤ顔ってホント腹立つよな」

メンバー・会場「(笑)」

田口「ドヤ顔選手権あったら俺結構いいとこいく」
中丸「無いですよね」
聖「今のは一言余計だったですね」
上田「(笑)」


亀「いやでも、昨日…昨日ね、あのぉ…コンサート終わって、こう色々やっぱ各会場とかちょっと変わったりする部分があるんですよ。変更…あのスタッフさんがちょっと変わってたりとか。そーゆうので一回目、昨日終わって、楽屋でちょっと、じゃあ此処こうしよう、あぁしようってだめ押しをしてた訳ですよ」

中丸「ほぅ。」
亀「で、その流れで、ホテル帰って、ホテルで昨日ご飯だったんですね。」

何やら反応を見せるメンバー達亀の話したい事が彼らには分かってきた模様

亀「で、ルームサービスだったんですよ。」
聖「そうそう、そうね(笑)」
亀「で、一応もうコンサート始まる前にルームサービスのメニュー頼んどいて、そのホテル帰って、着いたらもう廊下にこう、テーブルがもう‥」
聖「ズラーっとね」
亀「並んであって、それを部屋にガーって入れて‥『じゃあお疲れ』って感じなのね?いつもは!……昨日ね………?」
聖「酷かったね」

亀「そのフロアは確かにKAT-TUNのコンサートメンバーの貸し切りだったの、そのフロアが。したら聖が俺がこうやって入ろうとしたら、『亀、一緒にご飯食おうよ』っつったから、『あぁ、いいよぉ』っつって、ホァ~って行って、部屋に入んのかと思いきや…、廊下に!KAT-TUN全員!(笑)」
メンバー「(笑)」
亀「そのテーブルを置いて円で囲んで、5人でお食事会だったんだ(笑)」
会場「きゃーっ」


キャーーッすげぇ
いいなぁその廊下テーブルになりてぇ5人に囲まれてぇ(←はいはい)


聖「違っ‥あのね(笑)俺それのね、始まりはね、まぁ貸し切りだ!と。言うことで…まぁ貸し切りじゃなかったらもちろんそんなマナー悪いですからやりませんよ?やりませんけど、あのテーブルを中入れて食って外出すの面倒臭い、と!」
田口「あー」
聖「じゃあ俺ちょっと廊下で食べようかなと。」
田口・会場「(笑)」
聖「ね?貸し切りだし、滅多に無い機会じゃなきゃ出来る事ないからね、廊下で食べようと思ったら田口が目の前通ったから、『田口、一緒に廊下で食べるぅ?』って聞いたら、『うん、食べる!』って言うから、そしてちょっと見たら亀がいるから、『亀、一緒に食べよう?此処で。』って言って(笑)」

田口「マジあの、一種のバリケードになってたよなあれな、廊下が(笑)」
聖「で、中丸誘って今度上田が部屋入ってたからな?上田誘って全員でな?」
上田「そうそうそう」
亀「面白かったね」
田口「すごかった(笑)」

聖「しかも」
亀「しかも」
聖「その後2時間くらい深い話ししてたもんな」
田口「(笑)」
中丸「深い話ししましたね!」

上田「いやもっとしてたかんね!」
亀「もう結局、あの廊下に俺ら4時間近くいたんだよ」

ファンにとってはもの凄く美味しい話やぁそんな話ししてると、ゆっちが「ねぇ!あの後さ!」って話し出そうとしたら竜ちゃんが重ねる様に「ねぇ聞いて聞いて聞いて!」って手を挙げて亀にアピール
竜ちゃん子供みたいで可愛いわぁKAT-TUN‥昔からトークにまとまりが無いのは変わらんなぁ
話し出そうとする中丸に対して、ますます「聞いて聞いて」ってなっちゃってる竜ちゃんそこで兄貴分コキ様、

聖「…はいはいはい!ちょっと待て…!一回待て一回待て!」
亀「一回ちょっと上田の聞いてみよう?(笑)」
聖「一回待て、まず上田から(笑)」

って、どっちが歳上だよぉ亀と聖様のがお兄さんみたい
満足げに話し出す竜ちゃん

上田「だって、22時ぐらいからご飯食い始めてさ、終わったの2時過ぎだぜ?」
会場「えー!?」
上田「ホントに!聖なんて、お風呂入ろうと思って、一回お湯溜めたのに、お湯あのぉ…皆話して長くなっちゃって一回そのお湯が冷めちゃって抜いてまた入れたもんね!」
田口「はは(笑)」

聖「あのね、一回お湯入れたんだけどスッゴイ長かったから…でもこれ抜けづらい、と。凄い真面目な会話してたからね。あのー、で、俺もうパンツ一丁だった訳ですよ」
会場「(笑)」
聖「パンツ一丁…だから廊下に出るわけ…貸し切りだけど、さすがにそこで廊下に出るわけにはいかないと。だから部屋の扉の所でこうやってずっとパン一でこうやってたんですよ。」
上田「(笑)」

聖「やってたんだけど…、そろそろ冷めたな‥と。で一回キュポンって抜いてお湯入れて、でやってこうって言うのを3回くらい繰り返して(笑)」

メンバー「(笑)」




続きます
スポンサーサイト
  1. 2011/01/17(月) 21:02:06|
  2. *魂→Live*
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(4)KAT-TUN WORLD Tour 2010 ライブDVD【MC】 | ホーム | (2)KAT-TUN WORLD Tour 2010 ライブDVD【MC】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kattun0318.blog10.fc2.com/tb.php/18-90df6cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。